2017年05月11日

Robo & ED 209 Fight / Basil Poledouris

シュタインズゲート、助手も勿論魅力的なんですけれども、少なくともアニメではメインヒロインだったわけで、劇場版でも中心にいたわけで、だったらもういっかなーって気分になるのです。
じゃあフェイリスやまゆしぃはどうなるのだという話になるわけですが、それはそれなのだ……!


阪神が優勝してしまう、と書いた途端負けてしまいました。くっ……ライティングシュタイナーが発動しない!?
9対2から9対7まで追い上げたんだから上出来とも言えますが……うぐぐ。






posted by 尼野ゆたか at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

Can You Feel The Love Tonight / D-Metal Stars

大変だ……阪神が優勝してしまう……!
いやまあ気が早すぎですが、9点差ひっくり返して球団記録作るわ無敗の菅野に黒星を付けるわと勢いに乗っているのを見るとついつい期待してしまいます。
今日も9対2という状態から追い上げてますし。ひょっとしたらひょっとするかもしれんぞー。



Web拍手のお返事です
posted by 尼野ゆたか at 20:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

Wherever I May Roam / Sinner

中学の給食実施率、都市間で大きな差 主要74市区調査


中学から弁当だったのですが、全国の公立中学校での実施率(生徒数ベース)は82.4%だそうで。少数派だったのか……。
給食係とか給食だよりとか自分の中では全て小学生枠の思い出なので、中学校での給食がどのように運営されているのか想像もできません。みたいな地域間における学校の仕組みの違いみたいなのもさりげなく次の原稿に織り込もうとか頑張ったりしていますが、はてさてどうなることやら。

若干話が逸れましたが、母は仕事をしていて、しかも丁度下の妹が幼稚園に行っていてと大変厳しい状況だったのに、弁当は欠かさず作ってくれていました。大変やったろうなあ。
そういうわけで、自分は弁当でしたが、給食の実施率が高くなっていくことやその試みはいいんじゃないかな? と思うわけです。色々難しいこともありましょうが。


ちなみに母は、購買のパンじゃ量が足りないというのもあって頑張ってくれていたわけなんですが、恩知らずの尼野ゆたかはよく帰ってから弁当箱を鞄から出し忘れては怒られていました。「水につけとけゆうたやろ!」みたいな。
わざとじゃなかったんですけどねえ……すまんのう……。
持っていくのを忘れたこともあったはず。わざとじゃないんですけどねえ……すまんのう……。




posted by 尼野ゆたか at 20:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

人面瘡 / 人間椅子

元々なぜか脈が速いのですが、たまに大した理由もなく三桁の大台に乗るので焦ります。自覚がないだけなのか……!?
天上天下にいたな……なんか脈が速すぎて3分間しか戦えない人……名前なんだっけ……。


そういえばウグイスの鳴き声が大きくなりました。
日記でもっとそばで鳴いてくれと書いた途端にこうなるとは、尼野ゆたかはブログに書いたことを現実のものとする力を持っているのかもしれません。名づけるなら――運命筆致(ライティングシュタイナー)!
恐るべき力を手に入れてしまった……狂気のマッドユタカたる者、機関の妨害にも器官の不調にも屈せぬ!


オカリンネタで思い出しましたが、去年だったかにSteamでシュタインズゲートが販売開始されたそうで。未だ原作プレイしてないんですが(アニメは二周して劇場版も観たのに)、やるならそこなのかな。
そもそもSteamなるものを使用したことがないのですが(なんかセールがよくあるのは何となく知っている)、とりあえずバイト戦士ルートをプレイしてみたいのだ……いやラボメンはみんな魅力的からコンプ確定だけど……。



posted by 尼野ゆたか at 21:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

Rickets / Deftones

昔の映画を観ていると、(今の感覚からしたら)滅多に聴かない文語的な台詞におやっとなります。酔拳の吹き替えで酒飲みながら師匠が「どうじゃこの馥郁たる香り」とか言ってたり、黒澤明の天国と地獄で「頑是無い」なんて言い回しが出てきたり。
ご立派な文芸作品ではなく当時の大衆向けの映画であることを考えると、言葉の移り変わりのめまぐるしさに圧倒されます。前者はおじいさんがちょっと格好を付けて使う形式張った表現というかたちですが、後者は普通の会話でひょいひょい出てくるんですよね。今となっては中原中也の詩以外で使う機会があんまりなさげなフレーズですが。


昔からある言葉と言えど、大抵の表現は何かの権威として便利使いできることもないので、保ち守られずマジ忘れられていくんですねぇ。

などと偉そうに言っていますが、たまに分からない表現が出てきて(特に昔の時代物)ひえっとなることもあります。日々勉強。


posted by 尼野ゆたか at 21:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする