2017年06月27日

Things which are Naught / Nightbringer

5連敗。我がタイガースが苦戦中です。
まあ勝てないなら勝てないで、なにがしかわくわくする展開があれば大抵の場合「まあええか」と受け入れて普段の日常に戻ることができます。今回で言えば、2アウト満塁一転差のチャンスまで行ったのでまあいいかなみたいな。
暗黒時代を通過してきたからかな? とも思うのですが、たとえば同様に暗黒時代を知っているはずの父はぷんすか怒るので、必ずしもそういうものでもなさそう。父とは色々似てるんですけど、野球への反応には明確に違いがあります。


別に憤慨するのがダメとは思わないんですよね。熱くなるのも楽しみ方の一つです。
「飄々としてるのが偉い」みたいな価値観は過去のものですし、またそうすべきでしょう。安全なところで冷笑していても、差し引きゼロです。熱的死。


そうはいっても、父はやや過熱ぎみですが。今日もぷんぷんだろうな。


posted by 尼野ゆたか at 23:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

Sacramental Sister / Powerwolf

一時期、諸々の趣味でさえ浅く広くを理想とする風潮がありました。
マニアックになることをよしとせず、誰もが彼もこぞって「雑食」を名乗りたがるみたいな。

でも、いつしか「沼」とか「掘る」「ディグる」という言葉に象徴されるように正反対な感じに移り変わりました。いつからなんだろうなあ。ネットのトレンドに必死で敏感であろうとしているわけではないので、こういうのは大概曖昧です。


どちらかというと、後者の方が共感しやすいかな。追求し追究するのは楽しいものです。



posted by 尼野ゆたか at 22:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

Afterlife / Dream Theater

アメリカで炭酸飲料のことを何と呼ぶかという記事
なんか地域差があって、ソーダとかポップとかコークとかでバラバラだそうです。

これを見て思いだしたのがバンドエイド。結構有名な話かと思われますが、地域によって全然違うそうで
しかしここまで違うんだなあ。絆創膏はまだぴんと来ますが、カットバンとかサビオとか言われると多分困惑してしまいます。


アホとバカとかマックとマクドとか色々ありますが、こういう地域色に関する話はとても好きです。故郷と地域が積み重なった先にあるのが国とか社会なんだなと。





posted by 尼野ゆたか at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

Access Denied (unplugged version) / Poverty's No Crime

酒に強い人、痛風リスク2倍

強いからといって沢山飲むからそうなんのかなと思いきや、別に飲まなくても危険だそうで。酒に強く生まれただけで痛風のリスクがあるということなのですね。
そもそもお酒というのは飲む必要があるものではないということを考えると、これはリスク要素と言ってもいいかもしれませんね。物事には色々な側面があるんだなあ。


Web拍手のお返事です
posted by 尼野ゆたか at 21:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Get Ready / Accept

大変今更ながら初めてIMAXで映画を観てきたんですが、実に圧倒されました。
観てきたのはガーディアンズオブギャラクシー2の3Dの字幕版。実をいうと3D映画も最近までほとんど観てなくてそういう意味での比較対象はできませんが、とにかく映画への没入度合いが半端有りませんでした。3Dの字幕は結構大変でしたがすぐ慣れましたし。
IMAXで観られるなら積極的にIMAXを選びたいレベル。

同行人がモンハンでも酔うと自称するほどに3D苦手ピープルなんですが、IMAXと相性が良かったためか高クオリティのためかは分かりませんが十分に楽しめたようで、
グルートのボタンネタで笑ったり飛び出してくるヨンドゥの矢に手を伸ばしたりとご機嫌の映画鑑賞だったようです。

IMAXの話ばかりですが、映画そのものも勿論素晴らしいものでした。ロケットの抱えてる哀しみからスターロードの出生まで複線でシナリオを進めながら最終的にがちっとまとめる脚本にも唸らされましたが、なにより手を変え品を替えの映像ですわ……。
シナリオとかキャラクターとかだと「ふんふん。これがこうなってそうなってああだからここはそうなんだな。それを踏まえてあの辺はああなってたし、この辺でこうしないといかんよな。あとああなってるのはそういう狙いかな」みたいな解析まがいができなくもないですが、映像には手も足も出ません。
凄いものをみてこれは凄いですと言うしかない敗北感。色々なギミックを生かしながら、ここまで立体的に「絵」を作ることはたとえ頭の中であってもできません。くやしい。


マーベルシネマティックユニバースは基本3本で一区切り(なんですよね?)なので、ガーディアンズも次でしめくくられるわけでしょうか。
サノスとの絡みがあった前回と違い、今回は本日のスタンリーコーナーを除いてほとんど他シリーズとの絡みがなかったように思うのですが(見落としてたのかな?)、その辺も組み込んでくれることを期待。
次はスパイダーマン、そして今年中にはソーかな。劇場でソーの予告編観ましたが、面白いこと間違いなしな空気で今からわくわく。



493024.jpg

外でガーディアンズが記念撮影してくれたので一枚。横のスターロードみたいにソファに身を預けようとしたら背もたれは紙製で危うく壊してしまうところでした。公開終了間近とはいえ危なかった……。ところでロケットが白飛びしているぽいのはなぜなんだ……。

個人的にクラグリン(ヨンドゥの部下のいいやつ)がお気に入りなんですがいませんでした。次回では活躍してくれることを大いに期待。



posted by 尼野ゆたか at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。